アイスエナジーがグッドデザイン賞を受賞いたしました

2020/10/01

保冷剤として初。画期的な次世代保冷剤と評価

アトム技研株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:水野 博之)が2020年3月に販売を開始した特殊低温保冷剤『アイスエナジー』はこの度「2020年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。当社では、今回の受賞を機にアイスエナジーのさらなる販売拡大を図るとともに、機能性にデザイン性をプラスしてブランドの付加値を高め、ブランドイメージの向上に務めてまいります。



【グッドデザイン審査員による評価コメント】


家庭用冷凍庫でも凍結する-20℃の特殊低温保冷剤である。これまで必要だった-30℃から-40℃の専用冷凍設備が不要なため、誰でも気軽に低温環境を手に入れることを可能にした。ドライアイスの代替品として、繰り返し使用できるため、CO2の排出もゼロに抑えられる。今後冷蔵・冷凍物流などの需要は増えることが予想され、置き配などの柔軟性のある配達方法も求められている。この商品は多様なニーズに応えることのできる、画期的な次世代保冷剤である。


【グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ】

https://www.g-mark.org/award/describe/50146