IE_main.jpg
GD_logo_mono.png

地球に優しい低温革命

​目指すはドライアイス不要

アイスエナジーは特殊技術により

1℃の温度差で完全凍結を実現

低温環境をフレキシブルにご提供します

-20℃のアイスエナジーは、-21℃の環境で凍結(*1)します。
-30℃から-40℃の特別な保冷剤専用冷凍設備や急速冷凍庫は不要です。

大規模な設備投資の心配から解放され、誰でも簡単にアイスクリームが溶けないレベルの低温環境を手に入れることができます。しかもドライアイスと異なり、何度でも繰り返し利用が可能。
ドライアイスに代わる保冷システムを求める方の期待に応える、今までの常識を超えたイノベーティブな次世代型保冷剤です。現在は、医療用ワクチンの配送でも広く利用されており、日々問い合わせが増えています。

(*1)-1℃差凍結は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の冷凍庫の使用環境・性能により、凍結しにくい場合がございます。庫内の過密状態、開閉による温度の上昇、温度帯の揺らぎ、性能などにより温度が一定に保たれない場合は、冷凍庫の設定温度をさらに低くする必要があります。

Image by Damian McCoig

アイスエナジー開発への想い

We always challenge for a better tomorrow.

​商品ラインナップ

LINE UP

特殊低温保冷剤

  • +3℃から-25℃用の7種類の温度帯を揃えています

  • ワンウェイ輸送に適したソフトタイプと繰り返し使用して頂けるハードタイプを用意

IEWV_B_1.jpg

ウェアシリーズ

  • 冷たさと動きやすさが共存したスポーツテイストのアイスウェア

  • コンパクトでジャストフィットするベストタイプと、インナーとしてラクラク着られるシャツタイプの2種類

IEBX_MAIN.jpg

​ボックスシリーズ

  • ​保冷輸送に対応する保冷ボックス

  • ​アイスエナジーとの併用で効果大

  • スタンダートエディション、ブラックエディション、メディカルディションの3種類を展開

詳細はこちら

​アイスエナジーはそのデザイン性と機能が評価され、保冷剤として初めてグッドデザイン賞を受賞しました​

審査委員の評価

家庭用冷凍庫でも凍結する-20℃の特殊低温保冷剤である。これまで必要だった-30℃から-40℃の専用冷凍設備が不要なため、誰でも気軽に低温環境を手に入れることを可能にした。ドライアイスの代替品として、繰り返し使用できるため、CO2の排出もゼロに抑えられる。今後冷蔵・冷凍物流などの需要は増えることが予想され、置き配などの柔軟性のある配達方法も求められている。この商品は多様なニーズに応えることのできる、画期的な次世代保冷剤である。

gmark_u_gl_6_edited.jpg
投資コストを大幅削減​

アイスエナジーは、保冷剤専用冷凍設備にかかる設備投資費、維持費が不要になり、毎月発生する電気代を大幅に削減することができます。

保冷剤の廃棄に困ったことはありませんか?

アイスエナジー は、高吸水性ポリマー*1を含んでいないため、廃棄方法もシンプルです。

​*1 高吸水性ポリマーを含んだ液体は、水道管をつまらせ破損せる原因となりますので、シンクに流して捨てることができません。

自然の中.jpg
ドライアイスの代替品に!
CO₂排出ゼロで環境を守る

ドライアイスは繰り返し使用ができない、温度帯を自由に設定できない、CO₂が大量に排出されることなどから、近年その使用を控えたいという声が多くなっています。アイスエナジーはCO2排出ゼロで環境にも優しく、商品の味への影響はありません。ドライアイスの供給不安定、価格上昇からさらに注目が集まっています。 

安心・安全を約束
原料は食品添加物だけ

安全安心の食品添加物のみで製造しています。万が一中身が出ても有害物質は発生しません。

長時間冷凍輸送が可能に

冷凍品物流における課題は、物流中継地点での冷凍品温度維持で、中継地点での温度変化に伴い冷凍品の品質劣化が発生していました。アイスエナジーは中継地点で温度変化から商品の劣化を防いだ後、冷凍トラックが始動し冷凍環境が整えば再凍結します。再び温度維持が可能となり、品質劣化を防ぎ、長時間・長距離の冷凍輸送を可能にします。

長時間の定温維持が可能

同条件で実施した商品テストにおいて同等品よりも約30%低温時間維持、約17%短い時間で完全凍結されることが検証されています。特別な保冷剤専用冷凍設備が不要のため、誰でも簡単にアイスクリームが溶けないレベルの低温環境を手に入れることができます。

​商品特徴

BRAND STORY

保冷剤で世界を快適に

We always challenge for a better tomorrow.

最高品質の保冷剤を作りたい。

特殊低温保冷剤アイスエナジーはそんな思いから生まれました。

社長が東南アジアを旅した時のこと、知人から熱中症に悩む子どもたちが増えていることを聞かされました。エアコンが普及した影響で、温度変化に身体がついていけずに困っている。日本では一般的な保冷剤もまだ普及していないとのこと。

保冷剤で世界が救えるのではないか、頭をよぎった瞬間でした。

 

それをきっかけに保冷剤プロジェクトはスタートしました。
一般的な保冷剤は氷の代用として使われます。
とはいえ、世界を救うにはもっと高性能でなくてはならない。

情熱につき動かされるように開発を進めました。
 

技術者を招き入れ、何度も試作を重ねた結果、氷の代わりにとどまらない、より優れた性能を持った保冷剤を作ることに成功しました。

氷よりも冷たい低温維持が可能で、ドライアイスの削減やドライアイス に代わる可能性を持つ商品です。従来よりも凍結を早く、保冷時間を長く、熱交換を高めた革新的な商品です。

技術革新に加えてデザインにも力を入れ、貰って嬉しい保冷剤とは何か、捨てられない保冷剤とは何か、を検討し続けてきました。

目標は、世界中で利用される保冷剤ブランドになること。
ブランドロゴは、世界でも理解を得られるよう氷のイメージ+日本の家紋+どの角度からみても同じデザインに。
商品名は、2つの単語の組み合わせで、冷たさとパワーを連想できる言葉であること。

そんな想いを込めて「アイスエナジー」は誕生しました。
 

ライフスタイルの変化や冷凍食品の進化、低温輸送の増大など、近年保冷剤のニーズは著しく高まってきています。現在、-18度または-20度のアイスエナジーはドライアイス の代替品として、アイスクリームや冷凍食品の低温配送、ワクチン輸送に利用され、注目を集めてています。

これからのアイスエナジーの使命は「保冷剤の力で世界を快適にする」こと。

低温を維持できることで、生活の自由度や快適さが拡がります。食品ロスの削減やCO2削減など環境への貢献も視野にいれています。開発の原点となった東南アジアへの技術指導や製品普及もスタートを切りました。保冷剤という小さな商品ではありますが、よりよい社会を実現する小さな立役者となるべく、これからも進化し続けます。


アトム技研株式会社


*アイスエナジー は、アトム技研株式会社の登録商標です。